バレンタイン特別編〜

注}本編とは切り離して読んで下さいね。
  多少壊れた展開でも大丈夫な方だけ、読み進めて下さい。(管理人壊れてます★)
 










「ソロ、どうしたんです? そのチョコレートの山は‥」

宿の部屋に戻ったクリフトが、ベッドの上に散らばったチョコの包みに目を丸く

した。

「あ、クリフト。お帰り〜。

 あのね‥バレンタインって知ってる? チョコの日なの?

さっきさ、マーニャとミネアがそれぞれ訪ねて来てくれたんだよ!」

「マーニャさんとミネアさんがねえ‥。」

似てない姉妹と思っていたが、同じような発想で贈ったのか、2抱えほどの包みにクリフ

トが嘆息する。

「バレンタインだから‥と置いていったのですか?」

ベッドの上に座り込んでるソロの隣に腰掛け、クリフトが訊ねた。

「うん、そう。…あれ? クリフトも貰ったの?」

小さな包みを目ざとくみつけたソロが指摘する。

「‥いえ。街でみかけたので、買って来たんですよ。」

さりげなく隠したつもりのソレをあっさり発見されて、仕方なく彼の前へ差し出した。

姉妹と一緒の発想‥というのが引っ掛かりはするが、もともとソロに買ってきたものだ。

「おみやげです」と渡されたソロが早速包みを開ける。

「‥あ。チョコだ! バレンタインってチョコのお祭りなの?」

まんまるトリュフが3つきれいに並んでいるのを嬉しそうに見ながら、再度ソロが訊ねた。

「…そういう訳でもないんですけどね。」

「ふうん‥。ね、貰っていい?」

苦笑するクリフトに、すっかり興味がチョコレートへ移った様子のソロが覗う。

「一辺には駄目ですよ。」

「まだ1つも食べてないよ。目移りしちゃってたから‥。」

「そうですか。ではどうぞ。」

自分が贈ったチョコレートを迷わず1番に選んでくれるソロに、クリフトが自然と微笑む。

彼の了解を得ると、ソロは嬉々と箱に納まっていたチョコレートを1つ取り出した。

「わあ〜い。ありがとークリフト。じゃ、早速いただきます。」

ぱくんと1口でほお張ったソロが、もぐもぐと美味しそうに味わう姿は、どこか小動物を

思い出させ愛らしい。

「‥これ、お酒入ってるんだね。面白いや。」

「ああ、そういうのも入ってましたね。後はシンプルなのとミルクでしたか‥3つとも味

 が違うらしいですよ。」

「へえ〜。んじゃ‥次は…」

真ん中のをぱくんとほお張り、もぐもぐ味を見比べる。

「ミルクだった」と感想をこぼすと、ソロは最後の1つも続けて口にほおり込み、瞬く間

にすべて平らげてしまった。

「美味しかった〜! 柔らかくて甘いんだね、まんまるチョコって。」

「気に入ってくれました?」

「うんv ‥あ。」

ソロはにっこり笑うと、最初の問いに答えを貰ってないコトに気づいた。

「ねえねえ。それで、バレンタインって何?」

「ああ‥。元は恋人同士贈り物を交換する記念日でしたが、現在は好きな人へ贈り物を

 する事で想いを伝える日として知られてるようですね。」

「好きな人…」

ソロがぽつんと呟いた。

「…思い浮かべたのは、彼‥ですか?」

ほんの少し惑い帯びた眸を見逃さないクリフトが、彼の頬へそっと手を伸ばし吐息を混じ

りに訊ねた。

ふるふる‥と首を左右に振って答えたソロが、力無く項垂れる。

申し訳なさそうに身を小さくするソロに、クリフトが大きな嘆息を落とした。

「困りましたね…。どうして正直に話して下さらないのでしょう?」

「‥ホントだもん。あいつのコトなんか、思い出さないもん。」

「あいつねえ‥。あいつって?」

「クリフト、なんか意地悪だ。」

「ソロが素直じゃないからでしょう? 何故認めたがらないんです?」

「‥って。だって‥忘れるんだもん。もう、あいつのコトなんか…!」

「忘れてないくせに。」

駄々っ子のように言い募るソロを組み敷いたクリフトが、ぼそりと耳打ちした。

「忘れた‥もん。あんな奴‥‥‥」

自分に言い聞かせるよう低くソロが答える。

「それは困ったな‥。」

室内に第3者の声が響いた。

聞き覚えのある低音に、ソロが瞳を見開く。

「な‥なんで‥‥‥?」

途惑うソロ。何故か眼前に、流れる銀の髪に紅の双眸の見知った男が立って居た。

「…これはこれは。ようこそ‥とでも迎えるべきなんですかね?」

初めは驚いたクリフトだったが、素早く気持ちを切り替えたのか、意外に冷静に訪問者へ

声をかけた。

「なんで‥どうしてあんたがここに‥‥‥」

「…目が覚めたらこの場に居た。ここは人間界なのか‥?」

「まるでそれ以外の場所から来たような言い方ですね。」

ツカツカと歩み寄って来る魔王を牽制しながら、クリフトが応える。

ベッドの前で立ち止まった彼がスッと手を上げると、それまで呆然と光景を見守っていた

ソロがサッと動いた。

「なにしに来たんだよ!? あんたとは、きっぱり終わったはずだろ!?」

クリフトを庇うよう2人の間に割り込んだソロがキッと魔王を睨みつけた。

「‥お前が私を呼んだのではないか。声を聴いた…」

ソロの顎を捉えた彼がフッと笑む。

「‥‥‥! 知らない。 オレはあんたなんか、呼んでないもん!」

「‥という事らしいので。どうぞ元の場所にお帰り下さって結構ですよ?」

ソロを背後から抱き寄せたクリフトが、彼の手からソロを剥がしつつ進言した。

「折角参ったのだ。少々もてなしても良いと思うが?」

「もてなしねえ‥。…では、一緒にデザートでもいかがですか?」

本当は独り占めしたかったのですが‥そう小さく付け足しながら、クリフトがソロの耳を

食んだ。

「…! クリフト‥!? …やっ‥駄‥目だよぉ‥‥」

ビクンと大きく反応返すソロに勢い得たよう、背後から回されたクリフトの手が裾から潜

り込む。意図を持って這う指先に、頬を染め上げたソロが逃れようと身動いだ。

「‥ピ‥サロ。お願いだから‥帰ってよ…」

彼の目に映っている自分がいたたまれなくて、ソロが涙混じりに懇願する。

「‥帰ると思うか? この状況で。」

不敵に笑うと、ピサロがソロに口づけた。

「…ん、や‥‥。やだ‥‥‥んっ…は‥‥‥」

押し退けようとするソロの手をグッと掴み、角度を変えながら深く口接けるピサロ。

ソロの躰から力が抜けていくと、タイミングを合わせたかのような手際の良さで、彼は身

につけていた衣服を剥ぎ取られてしまった。



「‥やだ‥。クリフトも…ピサロも‥やめようよ…? ね‥?」

「今止めたら、ツライのはソロでしょう‥?」

すっかり朱に染まった躰の反応を確かめながら、クリフトがひっそり笑った。

「あ‥んっ…。だ‥め‥‥っ。」

不意に中心を握り込まれ、ソロが息を詰め首を振る。そんな彼を戒める為か、胸の飾りを

舐ぶっていたピサロが歯を立てた。

「や‥っん‥。」

呼吸を乱しながら、ソロが大きく胸を上下させる。

ただでさえ尋常でない事態なのに、全身に渦巻く熱流が思考を奪ってゆくようで…

ソロは霞がかってゆく意識をそのままフェードアウトさせていった。





「‥ロ。ソロ、そんな所で寝てたら風邪引きますよ?」

揺さぶられる感覚に、ソロがゆっくり意識を浮上させる。

ぼんやり目を開けると、木漏れ日の中穏やかに微笑むクリフトが居た。

「あれ…。オレ‥どうして‥‥?」

自分の置かれてる状況が思い出せず、ソロが目を擦りながら周囲を見渡した。

身を起こすと、古い巨木の根元に居るのだと知る。少し離れた場所に、馬車の姿が在った。

「‥ああ。そっか‥‥」

今居るこの島は、天高く聳える塔のある可変しな島。    可変しな→おかしな

ここへ来てからずっと落ち着かなくて。夢見も悪かったのだが‥

昼食後、小休止するつもりで幹にもたれたまま、すっかり寝入ってしまったらしい。

仮寝すらゆっくりさせて貰えないのかと、ソロが深く嘆息する。    仮寝→うたたね

「‥どうかしたんですか?」

案じるよう訊ねられて、ソロが微笑した。目の前に居るのは、いつものクリフトだ。

「ううん‥なんでもない。」

「そろそろ出発しましょう‥との事なんですが。」

「うんそうだね。早く町に着いて、さっさと用件済ませなくちゃね。」

ソロはすくっと立ち上がると、気合入れるよう頬を叩いた。



「‥あのさクリフト。バレンタインて‥知ってる?」

皆の元へ向かいながら、ソロはぽつんと訊ねた。

「バレンタイン? …さあ。聞いた事ないですけど。それが何か?」

「ううん。なんでもない。…なんか。すっごく変な夢見ちゃったから。」

「変な夢‥?」

「う‥うん。ま‥ただの夢‥だけどさ。」



――あのチョコだけは現実でもよかったのにな。



そんな事をふと思いソロは笑った。



現実として待つのは果たして―――







2006/2/14

バレンタイン特別企画v





あとがき

突然思い立って、急ごしらえのバレンタイン記念秘話(?)です。
(なんか絵でも描こうかと企んでんですが。ふとイタズラ心が芽生えてしまいました(++;)
昨日脳内で巡らせたVer.は、もっと濃厚なお話だったのですが・・
実際起こしたら、こんな程度に。
もっと甘〜いお話書けよ、バレンタインくらい・・とは思いますが。
明るいお話は来年に期待しましょう。(多分?)

…あの。着いて来て下さるのでしょうか、こんな展開あっても…(@@;
(不安だけど。こうしてUPしちゃう、私ってxxxx)