「ねえねえ、ピサロ。11月22日って何の日か知ってる?」

「いきなりなんだ? ‥というより、ここはどこだ?」

なにもない空間へいきなり連れて来られたピサロが怪訝そうに、先にその場へやって来て

たらしいソロに訊ねた。

「さあ? オレもよく解んないんだけど。招待されたんだ。」

ソロが持ってたカードをつい‥とピサロへ差し出す。



『記念日のお祝いにご招待♪

 いつも泣かせてしまってるけど、今夜はしがらみ忘れて楽しく過ごして下さい。』



「‥記念日? なんの事だ?」

「…さあ? ピサロも知らないの?」

「ああ‥。それにこの“いつも泣かせてしまってる”とは…

お前、誰かに泣かされてたのか?」

「誰か‥って。あんたしかいないじゃん★」

迷わず返され、ピサロが押し黙る。

「…だから。ピサロに逢えるかも知れないって思ったから、ここへ来たんだよ。」

束の間の沈黙の後、ソロが細い声でぽつんと伝えた。

「ソロ…」

「…もう逢えないって、思ってた。けど…本当に逢えた。」

「ソロ‥」

微笑みながらぽろぽろ涙を零すソロを、ピサロは惑いながらも抱きしめた。

「…そうだな。私も再びこうして逢えるとは、思わなかった。」

「夢‥見てるのかも知れないね。

 だってここ‥本当になにもない。別世界に迷い込んだみたいに。」

ピサロの胸に顔を埋めたソロが、クスッと話す。

「そうだな‥かも知れん。感覚はしっかりあるようだがな。」

言いながら、感触を確かめるよう、ピサロがソロの躰を撫ぜて来た。

「ピサロっ?! なにやってるんだ‥?」

「何‥とは今更だな。せっかくこうして逢えたのだ。

 やる事は1つしかあるまい?」

ケロっと状況に馴染んだらしいピサロが宣う。

「な‥やるコト‥って。オレ達はもう…んっ‥」

ピサロは最後まで言わせず、唇で彼の口を塞いでしまった。

「ん…や‥は‥。…ふ‥ぅ‥‥」

初めはどうにか抵抗を試みたソロだったが。無理矢理口内へ侵入してきた舌が我が物顔で

口腔を巡ると、次第に力が抜けてしまう。

強引さとは裏腹に、優しい仕草が心を溶かしてゆくようで。

ソロはうっとりとそれに応えていた。

「…ずる‥いよ。」

唇を解放されたソロが息を弾ませつつこぼす。

紅潮した頬、熱に潤んだ瞳‥既に支えなしに立つ事も困難になってる。

「“柵忘れて”とあっただろう? 思いのままに振る舞え‥と、ここへ導いた者が勧めて

居るのだ。だから遠慮はしない。」

「‥なん‥だよ、それ。オレはもうあんたとは‥‥」

そっと横たえさせたソロを組み敷いたピサロが、じっと彼を見つめた。

「私と過ごすのは、不愉快か?」

「そんなコト‥言ってない。逢えて嬉しい。本当だ。でも…」

「お前が躊躇うのは、あの男のせいか‥?」

「ピサロ…。」

思いの外静かな問いかけに、ソロが訝しげに様子を覗う。

ピサロは彼が否定しなかった事を答えと理解し、自嘲気味に微笑んだ。

「ピサ‥‥っん…はあ‥‥っ。あ‥ん‥ん‥‥」

ソロの言葉を飲み込むように口接けたピサロが、そのまま口腔を貪る。

深い接吻を交わしながら、彼はソロの肌へ手を滑らせた。

意図を持った手先が器用にソロの滑らかな肌を愛撫してゆく。

固く尖った実を摘まみ上げると、彼の躯が大きくしなった。

「あん…っ‥は‥ぁ‥‥はあ…。」

「‥ソロ。…お前が欲しい。」

接吻を解いたピサロが、耳元でひっそり密話いた。      
密話いた→ささやいた

瞬間、彼を押し退けようとしていたソロの手が止まる。

彼の表情を確かめたくて、ソロは瞳でピサロを追った。

普段白いその頬が微かに紅潮している。そっと伸ばした手を頬へ当てると、冷んやりした

手が重ねられた。

「…ピサロ。‥ね、答えて。欲しいのは‥オレの躯? それとも…」

努めて平静を装いながら、ソロがまっすぐな視線で彼を凝視める。

「‥全部だ。」

「ホント‥‥?」

「ああ‥。なにもかも奪い尽くしても足りぬな。」

「‥いいよ。‥奪って…」

ソロはふわりと微笑むと、両手をピサロの首に回し抱き寄せた。





「‥ここ、やっぱり夢の世界なんだよ。」

彼の腕の中で微睡みながら、ソロはぽつんと呟いた。ピサロがそんな彼を黙ってみつめる。

「…だってさ。ピサロがこんな優しいなんて、嘘だもん。」

クスクス‥とソロが笑った。

「ね‥夢なんでしょう、これ?」

問いかけられて。憮然と眉を寄せていたピサロがフッと表情を和らげた。

「‥そうだな。夢だろうな、やはり。」

「…目が覚めたら、全部‥忘れちゃってるかなあ‥?」

じっと彼の顔を眺めていたソロが、こつんと彼の肩口に頭を乗せた。甘えるように、手遊

びしながら、小さく嘆息する。                   
手遊び→てすさび

「‥かも知れぬな。」

「ピサロも忘れちゃう‥?」

目だけを上向かせ、ソロが訊ねた。

「そうだな‥恐らく‥な。」

「そっか…。そーだよね‥うん。」

ソロは何事か思いついたように頷くと、口接けを強求るよう手を伸ばした。

しっとり重なった唇がゆっくり離れ、ソロの首筋へ降りてくる。

小さく身動ぎながらも受け止めた彼は、愛おしげにピサロを掻き抱いた。

温もりを確かめ合うよう睦み合ううち、ピサロの手が再び双丘の奥へ伸びた。

まだ柔らかい窄まりへゆっくり指を沈めてゆくと、焦れたソロの腰が揺らめく。

「ピ‥サロ。いいよ…来て‥」

組み敷かれたソロが頬を朱に染め誘った。

ピサロは身体を屈め口接けると、楔を彼の身内へ沈めていった。

「ん‥ああっ…!」

灼熱に穿たれて、一段と艶帯びた嬌声が上がる。

「ピサロ‥ピサロ…!」

両手を差し伸ばし、ソロはピサロの背にしがみついた。

すべてを受け入れたソロが、ほっと息をつくピサロをぎゅっと抱きしめる。

「ピサロ…好きだ‥!」

「…!! ソロ…。…私も‥だ‥‥」

「…っ。ピ‥サロ‥‥ふ‥ぅ‥‥」

思いがけない返答に、ソロは顔をくしゃくしゃに歪め泣き出した。



ずっと欲しかった言葉。でも…



だから。これはやっぱり夢なのだと、確信した。

熱い楔もサラサラ躰を擽る柔らかな銀糸も‥そして、心を射める紅の眸も…

現実じゃないのだ‥と。                
現実→ほんとう      射める→とめる



夢ならば‥と、結局伝えぬままだった気持ちを言葉にしたソロだったが。

欲しい言葉が返されると、それが現実でない事があまりにも苦しい。



ソロはあまりにリアルな感触に、残酷さを覚えながら、彼の熱を受け止めていた。



「…ソロ。」

すう‥と眠りついた彼の翠髪がピサロの指の間を滑ってゆく。

柔らかな髪を梳りながら、ピサロはひそやかに嘆息した。   
 梳り→くしけずり

「‥これが[夢]ならば…」

どちらの夢‥なのだろうな‥‥白い闇へ溶けるよう消えて行った姿に、ぽつんとピサロが

語りかけた。

独り白い空間へ残されたピサロが、距離感すら掴めぬ白い空を振り仰ぐ。

点に見えた黒い闇が、その存在に気づいた途端広がってゆくと、ピサロは瞳を閉ざした。

ゆっくり漆黒の闇に覆われてゆく躰を思いながら、彼は「ああそうか」と思い出す。

この躰は既にココにはないのだという事を。

ただ独りの‥護りたかった少女を失い、復讐に身を焦がし、闇に委ねてしまった己を‥



――最後の願望か。



ロザリーを護ってやれなかった事を悔やみながら、一方で過ったソロへの想い。

それが見せた幻とピサロは理解し、闇へと溶けていった。




2005/11/22






話の時間軸は、大体イムルの夢2以降〜辺りとなります。
そのせいか、軽いノリで突っ走らせるはずが、妙に真面目なお話に(@@;
明るい話でなくてごめんなさい(++;
現実…では再会は当分叶わないので、その分ここでイチャイチャさせたかったんですけどね★

それでも。久々のピサ勇は楽しかったですv
本編はようやく夏の始まりに脳内で進んだ部分まで辿りつきました!
キリよく書き進めたら、UPしますv お楽しみに♪(…しててくれたら嬉しいなあ)